「健康長寿と経済活性化」
「ひとがど真ん中、安心して暮せるまち」

1.健康寿命の延伸と安心の医療・介護・福祉

人生100年時代の市民の幸せづくりを健康寿命の延伸、医療・介護・福祉の充実で応援

  • 子どもから高齢者までの市民一人ひとりの継続的な健康づくりシステムの構築
  • 高齢者の介護予防のため虚弱、口腔機能の低下予防の取組みを強化
  • 治療と仕事が両立できる環境整備
  • 年をとっても地域で安心して暮し続けられる施設、医療と介護の連携体制を整備

2.地域経済の活性化

松本発展のエンジンとなる 産業振興に取組み、雇用創出、地域経済を活性化

  • 産業を支える交通・都市の社会インフラ整備、人材育成、企業誘致・企業支援等を推進
  • 国道19号線4車線化、環状線の整備促進、道路等の計画的な維持・補修による長寿命化
  • 松本空港の利用促進、国際空港化
  • 有望な成長産業の観光の活性化のためインバウンド観光推進、イベント・会議の誘致
  • 商業の活性化のため交流人口の増加、滞在型観光を推進

3.子育て支援・教育の充実、両立支援、働き方改革

子ども・教育予算は未来への投資として充実し、職業、家庭、地域の両立支援、働き方改革を推進

  • 子ども医療費の無償化の拡充
  • 出産から1年間の子育て支援を集中的に支援
  • 子育てを親だけでなく地域社会全体で応援する仕組みづくり
  • 障がいの有無にかかわらずともに学ぶ教育、多様な教育の選択肢の提供
  • 家庭と仕事、男女の社会参加の両立支援
  • 多様な働き方、雇用の安定の支援

4.地域社会の充実

安心して暮らせ、子どもたちが将来に夢と希望を持てる社会をつくりましょう!

  • 人とひと・家庭・地域・社会の絆を再生
  • 誰にも居場所と役割がある新たなお互い様社会づくり
  • 多様な世代が交流・支え合う居場所、交流の場所の整備
  • 社会的な孤立防止の断らない困りごと・心配ごとの相談・支援体制の構築

5.キャンパスシティ松本

知の拠点 信州大学、松本大学等高等教育機関との連携による都市づくりを推進

  • 高等教育機関は、産業振興、地域発展の貴重なシンクタンクとして連携・支援
  • 若者からシニアまでの学び・交流、まちづくり、地域課題の解決、起業、医療・健康分野等での産業連携の推進により、若者の定着、地域の活性化、松本市の発展

6.松本平広域連携と行政改革の推進

連携中枢都市として松本平全体の連携・発展をめざし、市民主役の市政運営を推進

  • 松本平市町村と連携を進め、製造業、商業、観光、農業、建設業、林業の産業振興推進
  • 想定外の災害がいつ起きても対応可能な消防、防災、危機管理体制の強化
  • 介護保険や共同処理が可能な事務の共同化で行政コストの削減、市民負担の軽減
  • 市民参加の市政運営円卓会議の設置

7.農業・農村の振興

豊かな自然を守り・活かした、未来に輝く農業の発展

  • 田園地帯、中山間地の景観形成を進め、農村地域の魅力を高めます。
  • JA等と連携し、人・農地プランの具体化、遊休農地の利活用促進、優良農地の確保・保全
  • 農業発展の原動力となる新たな農業従事者を含めた担い手の確保・育成
  • 農産物の販売価格の向上、所得向上が可能な農産物の商品化を支援
  • 農産物の地産地消を推進し、宿泊施設、飲食店等での利用促進を図り、松本の魅力づくりを農業からも応援

8.芸術文化・スポーツの振興

山岳がもたらす恩恵を背景に、学びを尊び、音楽・芸術スポーツを育むまち

  • 文化・芸術は市民一人ひとりの感性を育み、地域の魅力を高める存在として支援し、文化が香る品格あるまちづくりを推進
  • 人とひとをつなぎ、頑張る勇気を与えるスポーツを地域づくりの原動力として、松本山雅等を支援しスポーツのまちづくりをめざします。