大月 よしのり(おおつき よしのり)

大切にしたいこと

『絆の再生』

人とひと、家庭、地域、社会のつながりを熱い思いで再生する

座右の銘

『飲水思源』

【感謝を忘れない】

水を飲むときに井戸を掘った先人に思いを致す

経歴

昭和35年 松本市波田で生まれ、すいか農家の長男として波田で育つ
昭和54年 松本深志高校卒業
昭和59年 早稲田大学法学部卒業
昭和59年 長野県職員に任用
自治省(現総務省)財政局指導課で研修、英国派遣(地方自治研修1年間)
商工部で産業政策、企画局で松本空港の利用促進を担当
社会部障害福祉課長、上伊那地方事務所福祉課長、企画部次世代サポート課長(青少年健全育成、婚活支援)
総務部秘書課で知事の政策担当秘書、秘書課長
国際担当部長としてアメリカ、中国、ベトナム等との文化・経済交流を推進
健康福祉部長として医療、福祉、介護、出産支援を担当 令和元年12月退職

県の組織以外でも、NPO法人長野県障がい者スポーツ協会事務局長、2005年スペシャルオリンピックス冬季世界大会事務局長等を歴任
  • 東日本大震災、神城断層地震、御嶽山噴火災害等の自然災害への危機管理、支援を経験
  • 長野冬季オリンピックにアイスホッケー競技役員で参加
    元NPO法人長野県障がい者スポーツ協会理事
    現NPO法人日本フロアホッケー連盟常務理事
    長野県日英協会会員、長野県日仏協会会員
  • 資格 通訳案内士(英語)、英語検定1級
  • 趣味等 園芸、山歩き、サッカー、卓球、猫とのくつろぎ